Top >  わきがの対策情報 >  子供のわきがについて

スポンサードリンク

子供のわきがについて

思春期の頃からホルモン分泌が盛んになります。わきがで悩みはじめる年齢としては思春期、成人してからが多いと言われていました。ところが最近目覚しい食事事情の欧米化などの変化で、思春期の低年齢化が進み、わきがを発症する年齢も低年齢化が進んでいます。小学生の低学年からといったケースも珍しくないそうです。

こうした子供の頃にはわきがは自覚しにくいものですが、人から指摘されたり、いじめられたりすると人格形成にも悪影響を与えかねません。

わきがはある程度遺伝します。両親がわきがである場合、子供がわきがになる率は70パーセント、片親がわきがの場合は50パーセントと言われていますので、気をつけてあげましょう。

わきが治療の手術はアポクリン汗腺が成長しきる10代の終わりごろまで待ってかた行う方が安心です。アポクリン汗腺を取り去る手術をしても、思春期で成長の過程にあった場合は再びアポクリン汗腺が活発になることもあるからです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 わきが対策と汗の種類について  |  トップページ  |  次の記事 わきがとストレスの関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/836

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「わきがgoodbye!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

SEO 対策
1 2 3 4 5

更新履歴

お薦めサイト