Top >  わきがと多汗症 >  わきがと多汗症

スポンサードリンク

わきがと多汗症

多汗症は、緊張したりすると脇の下や掌などに汗をかいて、時に大量の汗でシャツに汗じみができるほどの多い汗が特徴です。多汗には特殊な病気の症状のひとつとして表れる多汗と、治療の必要のない生理的な多汗などがあります。

運動や仕事で体を動かすと体温が上がって汗をよくかきますが、これは生理現象で病気とはいえません。
特に太った人は汗かきの人が多いですが、生理現象として、皮下脂肪に覆われている体内の熱をできるだけ早く外に逃がそうとして出る汗なので、心配は無用です。ただ清潔を保ちましょう。

また男性ホルモンに汗腺の機能を高めて発汗を促進する作用があるため、男性ホルモンの多い人も汗をかきやすくなります。

女性の場合は、ホルモンの関係で排卵期〜月経前は体温が高く発汗しやすくなります。体内で増加する黄体ホルモンの作用によるもので、これらの発汗も生理的なものです。更年期に多く体験される発汗、ほてりなどもあります。

激しいスポーツや労働などで筋肉が発達している人は、温度が少し上がるだけでも汗をよくかきますが、これは体温調節がスムーズに働いているためで正常な発汗なのです。基礎代謝が上がってエネルギーを放出しやすい健康的な証拠でもあります。



スポンサードリンク

 <  前の記事 わきが治療のレーザーサクション法について  |  トップページ  |  次の記事 わきがの匂いについて  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/844

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「わきがgoodbye!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

SEO 対策
1 2 3 4 5

更新履歴

お薦めサイト