Top >  わきがと多汗症 >  わきがと足臭汗症について

スポンサードリンク

わきがと足臭汗症について

足臭汗症は足に多く汗をかいて、強い悪臭を発生させます。たとえば長時間ブーツを履いたままで足が蒸れて臭くなり、汗を大量にかいてしまい靴下が濡れたりします。

特に靴下までびっしょり濡れてしまう場合には、人の家を訪問した時になかなか靴を脱いで上がりにくく悩みのもとになります。脱いだ靴も臭うことが多く悩みはつきません。特に革靴は汗にぬれると悪臭も強烈なので、脱いだら新聞紙を丸めて入れて乾燥させるようにし、たまには重曹を入れて消臭しましょう。また、同じ靴は続けて履かないことも臭い対策には有効です。

また足の裏はもともとエクリン腺からの汗が過剰に出るため、足の裏の角質が汗でふやけて細菌が繁殖しやすく悪臭が篭ると言われています。

足は手のひらと同じように交感神経が活性化することで汗が出ます。緊張したり強いストレスを感じているときには、交感神経の影響で手のひらや足裏に汗が出ています。



スポンサードリンク

 <  前の記事 なぜわきがになるのでしょう?  |  トップページ  |  次の記事 わきが治療に美容整形の剪除法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/840

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「わきがgoodbye!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

SEO 対策
1 2 3 4 5

更新履歴

お薦めサイト