Top >  わきがと多汗症 >  更年期障害の多汗について

スポンサードリンク

更年期障害の多汗について

女性の更年期障害の症状として、全身の多汗に悩まされることがあります。更年期になると卵巣の機能が衰え、発汗を抑制するエストロゲンというホルモンの分泌が低下して起こるのです。更年期障害の多汗は、急激にかっと汗をかいたと思ったらすぐに汗がひくことが多くなります。その他にもほてり、のぼせ、といった症状もよく起こります。精神状態が不安定になることが原因となって、精神性発汗が起きることもあります。

また産褥期多汗という出産後に汗かき体質になることもよくあります。急激に女性ホルモンが減少することが原因ですが、気がつかない内に自然に治ってしまいます。ただ中には極少数ではありますが、精神性発汗のきっかけで多汗症になる人もいます。

更年期などでホルモンが減少することが原因で起きる多汗には納豆が効果的と言われています。納豆の減量の大豆に豊富に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるといわれていますが、イソフラボンの働きに関係しているようです。



スポンサードリンク

 <  前の記事 暑い夏の汗対策  |  トップページ  |  次の記事 わきが対策と汗の種類について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/834

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「わきがgoodbye!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

SEO 対策
1 2 3 4 5

更新履歴

お薦めサイト