Top >  わきが治療 >  わきが治療とボトックス注入

スポンサードリンク

わきが治療とボトックス注入

脇の下にボトックス注射を打って行うわきがの治療方法があります。ボトックスは、筋肉や汗腺が動かす作用を抑えて、わきが臭の原因にもなる発汗を抑える働きがあるからです。ボトックス注射によるわきがの治療の効果は約6ヶ月程度と言われていますが、多汗症の治療にも用いられています。ボトックスは、汗の分泌を増やす神経伝達物質の分泌を抑えることで、汗腺の働きを抑えて多汗症の症状を改善します。

ボトックス注射で手のひらや足裏、脇の過剰な汗(多汗症)を、手術せずに注射だけで抑えることができます。ボトックスによる多汗症治療は「汗が気になるけど手術は怖い」という方に最適の治療です。

脇の下や手のひら、足裏など多汗症が気になる所にボトックスを注入します。治療時間は両脇、両手のひら、両足裏のそれぞれで15分程度と短時間ですみ、麻酔時間は1時間程度です。

ボトックス治療はこのように短時間ですみ、ダウンタイムもなく、通常の生活に支障もない上に、傷跡が残ることもないわきが治療法といえます。



スポンサードリンク

 <  前の記事 わきがの匂いについて  |  トップページ  |  次の記事 わきがになる理由  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/846

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「わきがgoodbye!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

SEO 対策
1 2 3 4 5

更新履歴

お薦めサイト